自分に合ったダイエット術 > 動物性脂肪を調整しよう

動物性脂肪を調整しよう

皆さんは普段の食事の中で栄養バランスや、
塩分・糖分の摂取量などを気にされていますでしょうか?
健康診断の結果が毎回全く問題のないような人や、
もちろん普段から食事に気を使っている人、普段から週3回以上の適度な運動を
行っているような人等は今のままの生活習慣で問題のない人が多いと思います。
しかし、健康診断でC判定以下の結果がいくつも並んでしまうような人や、
食事内容などは全く気にせず、味の濃い食事や甘い物を
定期的に食べてしまうような人などは栄養バランスに気を使うべきと言えるでしょう。

栄養バランスと一言で言っても、ビタミンの種類や効果、
また食材が含んでいる栄養素などを全て理解し、
自分に必要な栄養素を摂取するという事は中々難しい事です。
そこでせめて、特に中性脂肪が気になる人などは「動物性脂肪」と
「砂糖が多い食品」の摂取を減らすように心がけられると良いですね。
では、どのような食品に動物性脂肪と砂糖が多く含まれているのか確認しましょう。

まずは、動物性脂肪ですが、やはり肉類の中でもロースや
サーロイン、ベーコンのような、肉の脂身が多い部分を食べる事は控えましょう。
肉類を食べるのでしたら、ヒレ肉や鶏の胸肉、
ささみのようなヘルシーな部位を選ぶようにしましょう。
そして生クリームやチーズのような乳製品にも
動物性脂肪が多く含まれておりますので要注意です。
また、アイスクリームやチョコレートのような甘味食品には
動物性脂肪や砂糖が多く含まれますので二重で要注意ですね。
そして砂糖が多い食品としては、やはりケーキやクッキー、あんまん、
バナナやブドウのようにブトウ糖のような糖類が豊富な果物などが挙げられます。
お肉が好きな人や乳製品、お菓子が好きな人が中性脂肪を減らすためには
相当な食事調整が必要と言えるでしょう。

しかし、いくら中性脂肪を減らすためと言えどもストレスを溜めすぎてしまい、
リバウンドしてしまうと意味がありませんので、
無理なく食事調整するように心がけてはいかがでしょうか 。